様々な制度を利用して、負担をかけないうつ病治療をしましょう

見直しを行なう

難治性うつ病には原因と治療法の見直しが必要です

薬物療法や認知療法で、うつ病がなかなか改善していかない場合があります。そんな時は、原因や診療方法そのものを見直すことで模索していきます。難治性うつ病は、効き目の違う二種類以上の抗うつ薬を十分な量、半年以上に渡り投与しているにもかかわらず、十分に改善しない単極性うつ病のことをいいます。効果が表れないことで日常生活に長い間支障が出て、家族や職場などの周辺の人に大きな影響を与えます。通常での治療で治りにくい原因に、治療薬が合わない、あるいは診断が間違っていることがあります。躁鬱病は単極性うつ病と症状は似ていますが、治療方法は異なり、治療薬を変える必要があります。また、統合失調症も同様で、うつ病の治療薬ではない処方が必要です。幅広い観点から病気を見つめ直していきましょう。

精神療法の見直しも必要です

薬物療法はさまざまな治療薬が開発されたおかげで、自分と相性の良い薬を試すことが出来ます。しかし、その薬の量が適正でない場合、効果が発揮されないことがあります。十分な抗うつ薬が必要だとはいっても、たくさん飲みすぎることでその薬への反応が悪くなってしまうことがあります。副作用の方が強く表れて、本来の効き目が隠れてしまうケースもあります。精神科医の支持通り飲むことはもちろんのこと、適切な効果が表れているか検証してみるのも良い方法でしょう。薬物療法だけでなく、精神療法を検討することも必要です。本人の物事の考え方や認知などに問題があり、症状が改善されない場合があります。特に心の問題は、その人にとっての正解を導き出すことは難しく、改善のためにあらゆる精神療法を試してみる必要があります。

症状を軽くするために

誰でも気分が優れず、軽いうつ状態になってしまうことはあります。これがうつ病なのかと言いますとそういう訳ではありません。うつの状態が合ったとしても常にうつという訳ではありません。しかしうつ病になってしまうと常にうつの状態から抜け出すことが出来なくなってしまうのです。そして幸せな感情や喜びなどを一切感じることが出来ず何をしていても苦痛という感情しか感じることが出来ません。そんな状況から打破するためにはまずは自分がうつ病ということを受け止めることが大切になるでしょう。そしてしっかりと病院に通院して治療を受けることが一番でしょう。症状や度合いによって治療法は異なりますから自分のペースで焦らずいきましょう。

うつになる原因は何か

うつ病になる原因は主にストレスだと言われています。精神病とされていますが、うつ病は脳に障害が発症している状態でもあります。神経障害でもありますから、正常な精神を保つことが出来なくなってしまい、情緒不安定に陥って周りを困惑させてしまうこともあります。よき理解者が必要なのですが、まずは一度専門医に診てらいましょう。うつ病だと思ったらすぐに病院へ診察に行った方が良いのです。初期の段階ですとまだ精神も安定しているときがありますから、抗うつ剤などで治療したら改善する可能性が高くなってきます。ですからまずは症状を緩和させるためにも治療することが一番でしょう。医師の判断によって患者ひとりひとり治療が異なります。