様々な制度を利用して、負担をかけないうつ病治療をしましょう

心と身体を休める

うつ病の治療には第一に休養が必要です。

うつ病とは、心の風邪です。心が疲れてSOSを出している状態です。通常の風邪であれば、休みを取って回復するのを待ちます。うつ病は、心の風邪ですから治療の前提として休養することが必要です。うつ病になる人は、頑張りやが多くいます。頑張りすぎてうつ病になるのです。仕事や子育て、介護など人それぞれに状況は異なりますが、一旦休んでペースダウンする事が必要です。治療のためにはそれが最も大切な事になります。治療中はもちろん、回復してからもできるだけ無理しない自分のペースを守る事が大切になります。必要であれば、医師から診断書を書いてもらい確実な休息をとることとなります。これは、いわゆる会社員や公務員で使える治療方法です。

第二に薬物療法が必要です

薬物療法にもいくつか種類があります。うつ病を治すという意味では抗うつ薬を使用します。これは、不足しているドーパミンを出すのを補う薬です。薬物を使用した治療の基本です。その他には、感情を安定させる安定剤や睡眠を補う睡眠薬があります。安定剤や睡眠薬は線引きが曖昧なものも多く、どちらの用途でも使うものがあります。また、睡眠薬にも超短期・短期・中期・長期と効果の長さに種類があります。考え事をしてしまい入眠困難な場合には超短期や短期の睡眠薬を使用します。眠れても途中で起きてしまう場合には中期・長期の睡眠薬を使用します。 これらの薬を組み合わせて使い、睡眠を確保し休息を確実に取ることがうつ病の治療で行われています。