様々な制度を利用して、負担をかけないうつ病治療をしましょう

鬱は治せる病気です

CONTENTS

見直しを行なう

うつ病を改善するためには、治療方法の見直しを図っていくことが大切です。現在行っている治療では、症状の改善が見られないという場合に利用を行ってみると良いでしょう。

read more

心と身体を休める

うつ病を改善するためには、心と身体を休めていくことが必要になります。会社を休んで心に余裕を持たせることによって、気分の落ち込みから回復することが出来るでしょう。

read more

回復を進める

うつ病を克服するためには病院での治療が必要になってきます。また、多くの医院で対応しているので、実際に対応している治療方法について確認してから予約を行っていくようにしましょう。

read more

PICKUP

古代からある

うつ病はかなり昔から存在している病気となっているので、歴史が進んでいくにつれて精神科の医療も発展するようになってきました。これからも開発が進められているので、発展を期待することが出来るでしょう。

read more

治療に専念する

うつ病になってしまったら、治療に専念するための時間を確保することが必要になってきます。社会人であれば休職するという方法もあるので、上手く計画を立てられるように相談を行いましょう。

read more

支援を受ける

うつ病の治療方法、アナタはどうすればいいのかご存知でしょうか?もし知らない、または興味があるならこちらをチェック。

うつ病は治療を正しくすることによって改善されますよ。|うつ病サプリ

うつ病の治療には、様々な助成、支援制度がありますので、窓口に問い合わせてみることをおすすめします。

うつ病を発症した場合、治療に際してのさまざまな助成、援助制度を利用する事ができるように成ります。 特に、各自治体が行なっている無料の健康相談会や精神面でのカウンセリングを利用することや、就労支援などを利用することができるようになります。 また、診療費や薬代など診療に関わる費用の一部を助成してもらえる自立支援制度があります。 これは、各自治体が準備している書式用紙を用いた診断書を提出し、審査通過した申請者が利用できる助成制度です。 また、重度のうつ病の場合には障害年金を受給することも出来る場合があります。 その他にも自治体ごとに行なっている助成、支援制度がありますので、利用を希望される方は一度各自治体へ問い合わせてみることをおすすめします。

落ち着いて診療を受ける事ができる小規模クリニックの利用は人気も高まってきています。

うつ病の治療は総合病院の精神科に通院するのが普通でした。 これは、うつ病の原因が精神的なストレス、あるいは脳内神経系の不調にあるとされてきたためです。 しかし、うつ病を発症した患者の多くは、頭痛や不眠、食欲不振、疲労感が取れない、などのような身体的な不調も併発することがおおいため、精神科だけでは診療対応することが難しい場合もありました。 このような課題を解決するために、精神面、身体面の両面を総合的に診察、治療することを目的として創設されたのが心療内科です。 心療内科の受診内容がいまひとつ認知されていないのは、創設されてからの歴史が比較的浅いため、また診療する対象がうつ病のような精神疾患が中心のため普及しにくいなどがあげられます。 ところが、心療内科はうつ病などの精神疾患患者を専門に診察、治療をおこなうため、うつ病患者の治療には最適な医療施設になっています。 また、インターネットによる情報の普及や、口コミ効果によって今では認知度も高くなってきました。 更に、総合病院のような大規模の医療施設と異なり小規模施設で落ち着いた診察を受けられることもあり、心療内科のクリニックの人気は非常に高まってきています。

うつ病の治療では、主治医との信頼関係の確立が最も重要です。

 一般に、うつ病の治療は総合病院のような大規模医療施設の精神科に通院して治療を行なってきました。  しかしながら、施設が総合病院のため他の科目の患者も通院しており、病院内の待合室は非常に雑然としていました。  そのため、受診するまでの間、精神的に不安定な状態が続くためにことが普通でした。  また医療施設全体の雰囲気も精神的に不安な気分を誘発させる事が多く、うつ病患者が病院に通院することは非常に苦痛な行動でした。  一方、個人医が運営している小規模クリニックでは、心療内科専門のクリニックが多いため、比較的落ち着いて診察を受ける事ができるのが普通です。  ただし、うつ病患者にとって病気の治療を行なうのに最適な環境を見つけるには、数件病院を転院して探すことになる場合もあります。  これは、病院の雰囲気が合わない、主治医との間に信頼関係がもてない、などさまざまな理由があります。  一番の注意点として、うつ病の治療で最も重要なのは主治医との信頼関係です。  どうしても上手くいかない場合には、転院することも一案です。

各自治体において、助成、援助や支援制度を設けていますので、一度相談してみることも一案です。

 うつ病を発症した場合には、さまざまな助成、支援を受ける事が可能になります。  特に各自治体が行なっている無料健康相談やカウンセリングをうけることができたり、失業してしまった際の就労支援を受ける事ができたりします。  また、うつ病の治療に関しては、各自治体への申請を行なう事で自立支援制度を利用する事が可能になります。  この制度は、うつ病の患者に対して医療費用や薬代を助成してもらえる制度になります。  自立支援制度を利用する場合、各自治体が用意している医療診断書に主治医の診断内容を記載してもらい申請書と共に自治体に提出します。  その後審査が行なわれ、通過するとその後はうつ病の診療等に関わる諸経費について一部を助成してもらえます。  ほかにも各自治体ごとで助成や援助を行なっていることもありますので、一度自治体の窓口に連絡をとってみることをおすすめします。

Menu